一度は皆さんも「病院」に行って、診察をしてもらったことがあると思います。
その診察の結果によって、治療を受けたりしたことが少なからず皆さんには経験されたことがあるんではないかと思います。治療は痛いものもあれば、痛くないものもあります。
患者は痛みに悶絶したりしないようにするために使われるのが「麻酔」というものです。
一言に言っても、いろいろな種類があります。
体の一部分だけを麻痺させる場合は、部分麻酔。
全身を眠らすような場合は、全身麻酔、と呼ばれます。
虫歯の治療や、歯を抜いたりするときなど、主に歯医者で使われる麻酔は口の中だけなので、部分麻酔の部類でありますが、全身の手術、または体全体が関わっている場合は全身麻酔を施し、痛みなどを患者さんに与えないようにするための処置をする場合がほとんどです。ただし、麻酔を施すにあたって、治療後に患者には少しばかりの痛みが残る場合があります。例えば、口の中の治療をした後は、すぐに口を動かしてしまうと舌を噛んでしまい危険と言われた方も多いんではないかと思います。
自分の思い通りに動かすことができなくなり、危険な場合があります。
全身治療をした後だと、すぐに眠りについてしまうため、起きるまでに時間がかかってしまうことがありますが、起きてもすぐには体を動かすことができずに、なかなか苦労してしまうこともあるんじゃないかと思います。
しかし、もし治療をしたときに麻酔をかけていなかったと考えると、とても痛みがすごくて治療どころじゃないでしょう。麻酔とは、どのような治療の時に利用されるのかなので、やはり麻痺させることは大事ではないかと思います。
スムーズに治療を進めるにあたってもやはり必要不可欠なものでもあります。
もし自分が麻酔が嫌だ。
というのであれば、医師の方々に前もって言っておくと、拝領してくれたりしますので、安心して治療に臨めることができます。不安な思いで治療に臨むよりも、しっかりと医師の方々の相談するのがいいと思います。